髪のキレイな女性

ケアする際の注意

帽子の女性

従来、スキンケアというと、どの年代も変わらず、洗顔をして、化粧水をつけて、クリームを塗るというやり方でした。しかし、年齢を重ねるうちに、肌の状態は変化するので、年齢にあったスキンケアが必要になります。そこで、最近では年代別のスキンケア商品が増えています。 たとえば、毛穴の悩み一つとっても、年齢によって異なります。若いうちは、皮脂が多く、毛穴の中に汚れがたまりやすいことを悩みます。黒ずみ毛穴です。これに対して、年を重ねていくと、毛穴が縦に開いてしまうたるみ毛穴を気にします。 たるみのケアは、従来難しいとされていましたが、最近ではたるみに特化した化粧品が開発され、無理なくケアを続けることができるようになりました。

スキンケアを行うときの注意点は、やさしくケアすることです。強く美容液をたたき込むと、たるみを悪化させるばかりか、小じわの原因にもなります。一つ一つのステップを丁寧に行うことが、美しい素肌につながります。時間がないときなど、つい雑になってしまいがちですが、常に心の余裕を持ってケアすることが必要です。 たとえば、化粧水をつけるときには、手でざっとつけるのではなく、コットンを使います。コットンにたっぷりと化粧水をしみこませ、やさしくパッティングするように肌にたたき込みます。手で適当につける場合に比べて、コットンを用いると肌の隅々までむらなく化粧水を浸透させることができます。 このように、スキンケアは丁寧に行うことが大切です。